求人媒体の種類や特徴、選び方を解説

公開日: 2023/11/09 最終更新日: 2023/11/29

女性

 

今回は、求人媒体の種類や特徴、選び方について解説したいと思います。求人媒体とは、求人情報を掲載して応募者を集める媒体のことを指します。インターネットの普及からから、こうした媒体で職を探す方が増えています。本記事では、求人媒体の種類や特徴、選び方について紹介しますのでぜひ、参考にしてください。

求人媒体とは?

求人媒体とは、人を採用したい会社と、仕事を探している人を結ぶ媒体のことを指します。主に、求人サイトやハローワーク、新聞の折り込みチラシなどがあげられます。ただ、近年はインターネットの普及から、インターネットを使った求人媒体が広く普及されています。

会社側からしても、職を求める側からしてもインターネットでの求人媒体は何かと便利です。実際に、転職をする決め手となった求人媒体に関するアンケートでは、インターネットによる転職サイトの利用者が43%にもなる結果があります。それだけ、求人サイトの利用者が急増していることが分かります。

求人媒体の種類

多くの求人媒体があるなかで、一昔前まではハローワークが主流でした。しかし、現在はインターネットによる求人媒体が主流になりつつあります。求人媒体の種類に関して紹介します。

求人広告(Web・紙媒体)

現在主流になりつつあるWeb求人広告では、近年の求人広告に欠かせない媒体になっています。Web媒体には、新卒専用の媒体や、中途採用専用の媒体など、種類によって見る媒体も変わってくるでしょう。

また、紙媒体は駅やコンビニなどで発行されており、地域密着型での求人方法だと言えます。折込チラシによる媒体は、新聞広告に入っているため、シニア層や主婦層による求人を求めている会社がよく利用する媒体でしょう。

求人サイト(Web求人広告)

求人サイト(求人広告)はWeb広告が主流になってきています。新卒、中途、アルバイト、派遣、などの雇用形態別やドライバー、女性など特定のターゲットに向けた特徴のある求人媒体が存在します。

求人検索エンジン

求人検索エンジンとはWeb上に公開された求人情報を集めて表示するアグリゲーションサイトの事です。Googleの求人版に近い形になります。求人の掲載方法も自動で収集するクローリング型と直接掲載をする直接投稿型の2つが主流です。

ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティングとは採用ターゲットに直接アプローチする手法です。料金体系は通数課金や応募課金(保障)採用課金、成功報酬など多岐にわたります。

採用サイト制作型求人媒体

採用サイト制作型求人は自社の採用サイトを求人メディアが提供しているツールで作成することで、複数給仕メディア(indeedや求人ボックス、Google仕事検索)などに連携させて応募者を募る求人手法です。

人材紹介・人材派遣

人材紹介は、エージェントを通じて求める条件に合った人材を確保する媒体です。一般的には、エージェント登録者のなかから紹介してもらう手法と、気になった人材をヘッドハンティングする2つの手法があります。

ハローワーク

ハローワークは、厚生労働省が運営する、職業紹介サービスです。インターネットが普及する前は、ハローワークによる求人媒体が主流でした。現在は、ハローワークでもインターネットから求人を見られ、便利な媒体になっています。

また、職業紹介や雇用対策を支援しており、求職者や企業も無料で求人掲載が可能です。

求人広告を掲載する媒体の選び方とは?

求人広告を掲載する場合、求める人材によって媒体を選ぶ必要があるでしょう。求人広告を掲載する媒体の選び方に関して紹介したいと思います。

Webの求人広告をおすすめする会社

Webの求人媒体は、多くの方を採用する場合や、若い人材を採用したい会社におすすめです。また、採用コストを抑えたい会社も、Webの求人広告で募集する方法が適しています。これは、求人広告が積極的に職を求める多くの方が登録しているため、短期間でより多くの方にアピールできるからです。

また、支払う費用に関しても、求人広告の掲載費用だけなので、何人採用しても追加の費用が掛からないメリットがあります。求人サイトは、若い世代の方が多く利用しているという点でも、若い人材を必要としている会社に適している求人媒体と言えるでしょう。

紙媒体の求人広告をおすすめする会社

紙媒体の求人広告をおすすめする会社は、特定のエリアで求人をしたい方です。フリーペーパーや折り込みチラシは、主婦層やシニア層が特に手に取る機会が多いと言えます。こうした年代にアプローチしたい会社は、紙媒体の求人広告を利用すると良いでしょう。

また、地域密着型で会社を運営している場合にも、紙媒体の求人はおすすめです。なんとなく仕事を探している方に対して、潜在的に求職者へアプローチできるでしょう。

自社サイト・採用サイトをおすすめする会社

自社サイト・採用サイトをおすすめする会社は、求職者の志望度を高めたい会社におすすめです。あるアンケートでは、求職者の9割が応募する前に企業のホームページを見ています。こうした点からも、自社サイトや採用サイトを活用することで、求人媒体では伝えきれない情報を掲載できます。会社のより詳しい情報は、志望度の向上にもつながり採用経路も増やせるでしょう。

また、パンフレットなどにURLやQRコードを記載すれば、採用サイトへ誘導できる方法もあります。より、質の高い人材を確保したい場合は、自社サイトや採用サイトの求人媒体を活用することをおすすめします。

まとめ

本記事では、求人媒体の種類や特徴、選び方について紹介しました。現在、人手不足が深刻になっている会社も多くあるでしょう。しかし、こうした求人媒体を一度見直すことで、必要としている人材を確保できる場合も多くあります。自分の会社に適した求人媒体を見直すことは、特徴や求人媒体の違いを把握して広告効果を改善していくことも可能です。将来の人材確保に大きく関わってくるでしょう。本記事が、求人媒体を一度見直すべきか検討されている方の参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

企業の採用活動において、採用コストを抑えながら理想の人材を獲得したいと考えるのは当然のことです。しかし、そのような目的を達成するためには、採用プロセスに関するノウハウが欠かせません。 そこで

続きを読む

会社名:株式会社クリーク・アンド・リバー社 住所:東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE ※HP内に問合せフォームあり 近年さまざまなアウトソーシングサービスが増えているなか、利用す

続きを読む

レイド株式会社の強み フルオーダー型採用コンサルティングの実施 導入事例 記載なし 料金形態 要問合せ 問い合わせ 問い合わせフォーム TEL:03-6260-8763 会社概要 レイド株式

続きを読む

アデコ株式会社の強み 複数拠点や全国での採用など、広範囲・多人数にも対応 導入事例 サービス業など 料金形態 要問合せ 問い合わせ 問い合わせフォーム 会社概要 アデコ株式会社 【本社】 東

続きを読む

株式会社ツナグの強み 募集から採用、定着に至る全ての採用プロセスをサポート 導入事例 クラブ・デモンストレーション・サービシズ・インク、株式会社大創産業、株式会社薬王堂など 料金形態 要問合

続きを読む

株式会社カナエルの強み 目標数値を達成するまで採用代行を行い、結果にコミット 導入事例 記載なし 料金形態 要問合せ 問い合わせ 電話、問い合わせフォーム TEL:045-264-4440

続きを読む

キャスタービズの強み それぞれの採用のプロが3名体制で担当し、採用業務をフルサポート 導入事例 株式会社ユーザベース、株式会社スカイマティクス、株式会社KDDIウェブコミュニケーションズなど

続きを読む

  施工管理士は、住宅やビルなどの建設に欠かせない要となる存在です。建設業界は深刻な人手不足もあり、なかなか求人を出しても施工管理の採用が難しい状態です。そこで本記事では、施工管理

続きを読む

  企業で採用活動をする際は、求人広告代理店を利用することで、効率よくニーズに合った人材を確保することが可能です。この記事では、求人ボックスの運用代行としておすすめの3社について詳

続きを読む

  今回は、求人媒体の種類や特徴、選び方について解説したいと思います。求人媒体とは、求人情報を掲載して応募者を集める媒体のことを指します。インターネットの普及からから、こうした媒体

続きを読む
【PR】採用代行(RPO)サービスにも差がある?本当に結果をだせるポイントとは